マッチングアプリでフェードアウトは何日で確定的?何日で連絡すればいい?

マッチングアプリ攻略

マッチングアプリにおいて、フェードアウトについての知識が欠かせませんね。

フェードアウトされたと感じるのは何日で確定的なのでしょうか?結論から言うと2日以上連絡がない場合にフェードアウトの可能性があるということです。

フェードアウトしたい場合は、気のない返信をしつつ徐々に返信頻度を遅らせていくことが効果的です。逆にフェードアウトされた場合は、1週間以上待ってから追撃メール(ザオラルメール)を送ると良いでしょう。

こうしたフェードアウトに関するスキルのほか、フェードアウトを希望する際やされた際の対処法、フェードアウトの予兆についても解説しています。

フェードアウトする理由

フェードアウトやブロックは失礼と感じる人もいますが、お断りの際に理由を説明すると傷つくことがあるため、フェードアウトやブロックは相手にとっても楽な終わらせ方とされています。

お断りする理由としては、話がつまらない、返信に質問がない、イメージが違った、相性が合わない、LINEや電話を早く交換したがるなどが挙げられます。

具体的には以下のとおりです。

話が面白くない

返信に質問がない

イメージと違う

相性(フィーリングや会話)が合わない

LINE交換を急ぐ

電話をしたがる

すぐデートや食事に誘う

すぐ会いたがる

すぐ写真交換を要求してくる

写真交換後にタイプが合わない

個人情報をしつこく聞かれる

返信が即レスで面倒

ヤリモクっぽい/目的が違う

彼氏ヅラしてくる

自慢話をしてくる

タメ口など言葉遣いが悪い

他にいい相手が見つかった

ブロックは有効か

フェードアウト後に相手からの連絡があれば、完全に関係を断ちたい場合はブロックが有効です。ブロックすることで相手も状況を理解しやすくなります。非表示設定とブロックは異なるので注意が必要です。

もし再開の可能性がある場合は、ブロックせずに放置しておくことも一つの方法です。その場合、気のない返信を避け、再開の際に言い訳しやすくなります。

男女のフェードアウトの予兆は?

マッチングアプリでのフェードアウトの兆候には、男女ともに特有の傾向があります。

  • 返信間隔が遅くなる
  • 一言返信になる
  • 質問が減る
  • 会う約束が難しくなる

など、関係が終わりたいという空気が感じられることが一般的です。

何日間連絡がないとフェードアウトとみなされるか?

マッチングアプリでのフェードアウトにおいて、何日間連絡がないと判断されるかは個人差がありますが、多くの人は2日以上の連絡がない場合にフェードアウトと捉える傾向があります。相手とのやりとりを継続したい場合は、1日以内に返信することが一般的で、連絡が途絶えても即座にフェードアウトされたと判断せず、少なくとも1日は待つべきです。

フェードアウトされてもブロックしない理由は?

マッチングアプリでフェードアウトされた場合、相手をブロックしない理由は次の通りです。

  • 相手がキープ扱いされている可能性がある
  • 放置期間が長い場合がある

キープ扱いの場合、本命との関係が上手くいかない場合に再び返信が来ることがあり、復活の可能性があるからです。また、フェードアウト後のブロックまでの放置期間は人により異なり、2~3日以内または1週間以内が一般的です。

フェードアウトからの復活は可能か?

マッチングアプリでのフェードアウトは一般的に終了の意味があり、復活は難しいです。しかし、諦めきれない場合は、相手がブロックしていない限り、キープ扱いになっている可能性があるため、追撃メールを送ることは一定の効果があるかもしれません。ただし、追撃メールは適度な間隔を空け、相手を嫌がらせるようなしつこさは避けるべきです。ブロックされた場合は、相手の意思を尊重し、諦めることが重要です。

フェードアウトされた後の連絡は?

フェードアウトされた後に追撃メールを送るタイミングは、相手に対するリスペクトや適切な距離感を保つことが重要です。一般的には以下のような目安がありますが、これはあくまで一般的な傾向であり、個々の状況によっても異なります。

1週間から10日程度待つ

初めての追撃メールは、相手に適度な時間を与えることが大切です。1週間から10日程度待ってからメッセージを送ると、急かすことなく相手に返信する余裕を与えることができるので有効です。

前回のやりとりを振り返る

メールを送る前に、前回のやりとりを振り返り、相手の様子や気持ちを考慮してメッセージを構築します。急かすような印象を与えないよう、軽いトーンや興味深い話題でアプローチすると良いでしょう。

気軽な内容でアプローチ

追撃メールは気軽な内容にしましょう。相手にプレッシャーを感じさせないよう、興味深い話題や軽い挨拶から始め、ゆるやかな会話を試みます。

例えば、「最近何か面白いことがあった?」「お元気ですか?」などの軽い内容から始め、相手がリラックスして返信できる雰囲気を作り出します。

注意点として、相手が明確に無関心を示している場合や、以前のやりとりが不快に感じられるものである場合は、無理に追撃メールを送るのではなく、相手の意志を尊重し、静かに立ち去ることが良いでしょう。

こんなときどうする?フェードアウト対策

話が少し進展してこれからという時にフェードアウトされると「え?なんで??」となりますよね。写真交換した後、LINE交換した後にフェードアウトされた場合の対策法をみていきましょう。

写真交換後にフェードアウトされた場合の対処法

写真交換後に繰り返しフェードアウトされると心が傷つきます。フェードアウトを避けるためには、最初から顔写真を公開することが重要です。お互いに顔がタイプでない場合、マッチングしても無駄なだけです。マッチングアプリは多くの会員がいるため、自分に興味を持ってくれる相手を早く見つけるためにも、素直に顔を公開しましょう。

LINE(ライン)交換後にフェードアウトされた場合の対処法

マッチングアプリでLINE(ライン)交換後にフェードアウトされる場合、それはお断りの意味となります。ブロックされていない場合は追撃メールを試すこともできますが、すでにたくさんのやりとりが行われている場合は、相手が無理だと判断している可能性が高いため、返信率は低いでしょう。LINE(ライン)の会話は難易度が高いため、やりとりを長引かせずに実際のデートにつなげることが大切です。会う約束が取れたら、デート当日までLINE(ライン)は控えめにすることが効果的です。

複数の相手と同時進行しておく

フェードアウトが多いと悲しいし辛いので、同時に複数の相手と進行しておくのがおすすめです。マッチングアプリでは、付き合うまでにフェードアウトやブロックされることがよくあります。だからこそ、突然音信不通になっても、感情的にならずに済むように、複数の相手と同時に進行しておくと良いでしょう。常に同時進行していると、気持ちに余裕が生まれ、相手を冷静に見ることができ、やりとりもスムーズに進むことが期待できます。

同時進行の際のコツとして、女性は女性無料のアプリを掛け持ちすると、条件の良い男性からのいいねが増える可能性が高まります。また、男性は出会いの数を増やすために、月間に送れるいいね数が多いアプリを活用することがおすすめです。

会った後にフェードアウトしたいとき

会った後や2回目、3回目、4回目、5回目のデートでフェードアウトしたい時は、LINEなどのメッセージで丁寧に一言伝えた後、フェードアウト後にブロックすることが安全です。

個人情報を知られている状況では突然のフェードアウトや雑な断りは危険が伴うためです。断る理由としては、考え方や価値観の違いを挙げるか、冷めてしまったことを伝えると相手も納得しやすく、穏便にフェードアウトできます。

彼氏や彼女との別れも、フェードアウトが一つの手段となります。感情を冷めさせながら相手とのコミュニケーションを減らすことで、自然な形で別れることができます。一方で、振られた場合はお互いに相性が合わないからなので、気持ちを整理して新しい可能性を見つけることが大切です。 マッチングアプリでのやりとりや関係には気をつけつつ、同時進行を心掛け、穏やかに進めることが重要です。

フェードアウト5つの対策法はこちらの記事

マリッシュ体験談はこちらの記事

タイトルとURLをコピーしました