マッチングアプリで当日ドタキャンする男の心理と防止するコツ

マッチングアプリ攻略

マッチングアプリでのドタキャンは頻繁に起こることがあります。

しかし、連絡が途絶えたりドタキャンをされると、私たちは怒りやストレスを感じるのは当然ですよね。この記事では、マッチングアプリでドタキャンする男性の心理や回避方法を紹介します。これらの情報を参考にしてみてください。

当日ドタキャンする男は脈がないのか


マッチングアプリでやり取りしている男性から、当日になって急に予定をキャンセルされた経験がある方もいるでしょう。

しかし、それだけで脈がないと判断するのは早計です。

男性が仕事や急用、体調不良でやむを得ずキャンセルした場合もあるため、一概に脈がないと断定はできません。ただし、嘘をついてキャンセルした場合もあるため、相手の言動には注意が必要ですね。

当日ドタキャン後、連絡があって次回の予定を取り直す場合や真剣に謝罪する態度を示す場合は脈ありの可能性があります。ただし、何の連絡もなく音信不通になってしまった場合や、リスケジュールしても都合がつかないと距離を置かれた場合は脈がない可能性が高いでしょう。

相手の言動や態度を見て判断し、自分と相手の気持ちを確かめることが大切です。

ドタキャンする男性の心理状態5選


マッチングアプリでドタキャンをされてしまう女性もいるかと思います。実際になぜそんなことが起きるのでしょうか。ここではドタキャンする男性が持つ心理状態を5つ紹介します。それぞれの心理状態を理解すればドタキャンされた女性も納得できるかもしれません。

①会うのが面倒になった

当初は楽しみにしていたデートですが、会うこと自体が面倒になりドタキャンしてしまう男性もいます。本当に会いたいと思う女性であれば、自分のスケジュールを調整してでも会いたいと思うはずです。つまり、ドタキャンする男性とは本当に相性が合うわけではないのでしょう。また、嘘をついてでもドタキャンすることがあるため、信頼できない男性かもしれません。次に進みましょう。

②最初から会う気がなかった

あまり好みではない女性からアプローチを受け、あえて自分からは誘わなかった男性は、当日になっても会いたいという気持ちになれずドタキャンするというパターンもあります。自分から誘わなかったのは、無関係な女性と付き合うことを避ける意図があったのかもしれません。しかし、無理に約束してしまった場合、ドタキャンしてしまうというわけです。

③他に気になる人ができた

マッチングアプリで約束をしていたデート当日までの間に他に気になる女性ができてしまった場合、男性はその女性を優先するケースが多いようです。中には、同じ日に複数の女性とデートをする男性もいます。男性の心理としては、自分が理想とする女性と会う観点で相手を選択する傾向にあるようです。

二人の女性を天秤にかけ、最も理想的な女性と会うための判断をすることが、男性の一般的な行動と言えます。

④会うのが不安になった

相手のことをあまり知らないままデートの約束をしていた場合、デートの日が近づくと不安になる人がいるようです。そのため、事前に相手の情報を探ったり、直接質問をして仲を深めることが理想です。また、相手と直接話をするために電話をすることも有効です。

デート前に不安を解消する方法は、お互いの情報を共有し、信頼関係を築くことにあります。デート前の不安を解消して、デート当日を円滑に過ごせるようにしましょう。

⑤体調不良や都合が悪くなった

マッチングアプリでの約束を楽しみにしていたのに、相手から急にドタキャンされてしまった経験は誰にでもあるかもしれません。しかし、その理由が体調不良や急な仕事だった場合は、嘘ではないかもしれません

普段から忙しく過ごしている中で、マッチングアプリの相手と会う約束は、心の支えになるものでもあります。しかし、予定が実現できなくなってしまった場合は、素直に伝えることが大切です。相手に対して怒りのメールを送ってしまったり、理由も聞かずに切り捨てるのは避けるようにしましょう。

相手の状況を知ることで、また改めて会う約束をすることもできます。 「どうしたの?何かあったの?」と丁寧に問いかけて、相手の言い分を聞いてあげることが大切です。マッチングアプリでの出会いは、「縁」というものが重要になるため、相手とのコミュニケーションを慎重に取りながら、互いに理解し合うことが大切です。

ドタキャンの相手として多い人の特徴とは?


マッチングアプリでドタキャンをする人には、一定の共通点があることが分かっています。

ここでは、ドタキャンがしやすい人の特徴を紹介します。これらを把握することで、ドタキャンを回避し、よりスムーズなコミュニケーションを図ることができます。

プロフィール欄を充実させていない人

マッチングアプリでは、自己紹介欄を設けています。しかし、ドタキャンをしやすい人ほど、この欄をきちんと書き込まない傾向があります

約束を守れない人は、プロフィール欄にも手を抜くことが多いようです。また、ドタキャンをあえて繰り返している場合もあるため、個人情報がわからないようにするためにわざと充実させないという人もいます。

プロフィール欄が書かれていない人は、ドタキャンをする可能性があると考えて備えましょう。

連絡の頻度にばらつきがある

ドタキャンをする人は、連絡の頻度についてばらつきが見られます。一度は頻繁に連絡をしてくれると感じたとしても、急に返信が途絶えたり、数日経っても音信不通になったりすることがあるため、スムーズなやり取りができないのです。

これは、同時に他人と連絡を取り合っている人や、自信に欠けて不安な気持ちから連絡できない人など、いろいろな理由が考えられますが、連絡によって規則的でない人は、デート当日にドタキャンする可能性が高いと考えられます。

デートプランを決めない

初めて会う相手とのデートでは、通常事前にどこへ行くかや何をするかを決めるものです。しかし、デートプランを決めようとしない人は、社交辞令的な約束として非常に軽い気持ちでドタキャンをしてしまうこともあります。そのため、デートプランをしっかり決めようとしない相手には要注意です。
もしも会いたいという言葉とは裏腹に、デートプランを決めようとしない相手にはドタキャンされる可能性が高いと考えた方が良いでしょう。デートプランを決めることが本来の目的ですから、このような相手と付き合うことを避けることが重要です。

ドタキャンされたときの対処法


出会いアプリを利用する上で、予約が入ったにもかかわらずドタキャンされることがあります。そのような場合、怒りや悲しみなどさまざまな感情が湧き上がるかもしれません。しかし、ドタキャンをされても落ち着いて対処することが重要です。以下、ドタキャンされた際の対処法を紹介します。

【対処法①】優しい対応をする

ドタキャンされた際には、相手に会いたかったという気持ちを伝えることが大切です。怒りや非難の気持ちを込めた文章ではなく、温かみのあるやさしい言葉で相手に接するようにしましょう。もしかすると相手からの繋がりがあるかもしれませんが、期待せずに次の出会いに進むことを心がけましょう。

【対処法②】潔く諦める

相手がドタキャンした場合、その人は初めから会うつもりがなかった可能性もあります。そのため、腹を立てず潔く諦め、新たな出会いを探すことが大切です。

【対処法③】運営側に違反報告する

もし、相手が何らかの問題を引き起こした場合は、出会いアプリの運営者に違反報告することも有効な手段です。特に、費用負担が加わったり、個人情報漏洩といった重大な問題がある場合は、積極的に報告してください。その際、証拠となる会話や情報を残しておくことが重要です。

以上の点を踏まえた上でドタキャンされた際には、冷静な対処を心がけましょう。落ち着いた対応が、次の出会いに繋がるかもしれません。

マッチングアプリのドタキャンを防止するコツ

マッチングアプリで出会った男性とデートの約束をするものの、当日になって急にキャンセルされてしまうという経験をしたことがあるという女性は多いでしょう。ドタキャンを防止するには、相手の気持ちが変わらないようにするのが大切です。実際にドタキャンを防ぐためには、以下の3つのコツがあります。

まず1つ目のコツは、会う約束を1週間以内にすることです。

デートの日が遠いと、男性にとっては面倒に感じる場合があります。だからこそ、会う約束をした時から待ち合わせの日までの期間は、1週間以内を目安にすることが大切です。

2つ目のコツは、ガツガツしないことです。

デートの約束をした後に女性の行動が焦りとなって表れると、男性は面倒に感じることがあるでしょう。それに対して男性の気持ちが冷めてしまうこともあるため、積極的になるのは初デートの日にとっておくようにしましょう。

そして、3つ目のコツは、デートについてあれこれ指定しないことです。

デートの時間や場所を細かく指定すると、男性は業者などと勘違いしてしまうことがあるため、極力指定しないようにしましょう。ただし、自分の希望を伝えることは大切なので、業者と勘違いされないように注意することが必要です。

以上が、マッチングアプリで出会った男性とのドタキャンを防ぐためのコツです。男性の気持ちに寄り添い、むやみに積極的にならず、自分の意思を伝える上で注意するようにすれば、より良い出会いが期待できるでしょう。

ドタキャンを回避して楽しい恋活を!

マッチングアプリは多くの人が利用している人気アプリで、新しい出会いが期待できます。しかし、中にはドタキャンを平気でする人もおり、マナーが悪いと感じることもあります。そのため、ドタキャンする人の心理状態を知ることで理解し、相手の気持ちにも配慮することが大切です。

ドタキャンする人の心理状態には、様々な要因があります。不安や恐怖心、または過去のトラウマなどで、約束を守れないという状況に追い込まれることがあります。また、相手との出会いに対するモチベーションが低く、あまり真剣に取り組んでいない場合もあります。そのため、ドタキャンをされてしまった場合には、その背景を理解することが大切です。

マッチングアプリは素晴らしい出会いの場であり、ドタキャンが起こらないようにすることで、相手との良い関係性を築くことができます。ドタキャンする人の心理状態を理解し、相手の気持ちに配慮しながらマッチングアプリを有効的に活用し、良い出会いを実現させましょう。

出会うなら、イククル

タイトルとURLをコピーしました