マッチングアプリで2回目のデート後フェードアウトする理由

マッチングアプリ攻略

マッチングアプリをしていて2回目のデート後にコミュニケーションが途絶えてしまうことがあります。

2回もデートできたんだから、ここからもっと関係を進展していける!といった矢先に急に連絡が途絶えてしまうと気になって不安の感情が涌いてきます。

この記事では、なぜ2回目のデート後にフェイドアウトしてしまうのかを解説します。

さらに、フェードアウト後に再びアプローチする方法についてもご紹介しますね。

「2回目のデートから3回目へスムーズに進展させたい!」という方は、ぜひ内容を確認してみてください。

マッチングアプリで2回目のデート後にフェードアウトする理由と心理


マッチングアプリで2回目のデート後にフェードアウトする理由や相手の心理は、主に以下の3つです。

  • 相手との相性や価値観の違いを感じたから
  • 恋愛感情が冷めたから
  • 何かが違うと感じたから

これらの要素が重なり、2回目のデート後にフェードアウトすることがあります。ただこれは個人によって感じ方や理由は異なるので、一概には言えませんが…

とにかく言えることは、相手とのコミュニケーションや相互理解を大切にすることがフェードアウトを避けるポイントになります。それぞれ見ていきましょう。

相手との相性や価値観の違いを感じたから

フェードアウトする理由の1つは、相手がやっぱり自分とは違うと感じたからです。

そもそも初回のデート後に、何か違和感を感じた要素があったかもしれません。

そして2回目のデートを経て、初回の違和感が確信に変わり関係を続けることに疑問を感じるようになる場合、フェードアウトすることがあります。

まずデートをする前にプランニングを相手の立場で考えておくと、初回のデートで違和感を与えずに済みます。もし、初回デートが苦手で緊張感を与えている、違和感を与えているというのであれば、事前に配慮してみると良いでしょう。

恋愛感情が冷めたから

フェードアウトする理由の2つ目は、相手の気持ちが冷めたからです。

2回目のデートが楽しくなかったり何か物足りなさを感じた場合、相手の気持ちが冷めてしまうことがあります。それがフェードアウトの理由になります。

何かが違うと感じたから

フェードアウトする理由の3つ目は、相手が何か違うと思ったからです。

デートの時は気持ちが盛り上がり、初めは違和感を感じなかったかもしれません。

しかし、2回目のデート後に冷静に考えると、相手に違和感を感じることもあります。

では、どのような要素が原因となる可能性があるのか、自身に当てはまるものがないか確認してみましょう。

原因1:会話が盛り上がらなかった

通常、1回目のデートではお互いがまだ知らないことが多いため会話はある程度続きます。

仕事や住まい、好きな食べ物、休日の過ごし方など、一般的な話題が主になります。

しかし、2回目のデートでは、そうした表面的な自己紹介は終わっている状態です。

深い興味を持つトピックを掘り下げ、相手をより深く知るはずですが上手く会話がかみ合わないと続けることが難しくなります。

以下のような要素が当てはまると、会話が盛り上がらなかったと相手の脳に記憶されてしまいます。

・自分の感情を抑えて何でも合わせすぎる
・笑顔が少ない
・リアクションがない
・愚痴ばかり

これらに当てはまる場合、相手は「会話が盛り上がらなかった」と感じてしまうので気をつけましょう。

原因2:思っていた顔と違った

恋人関係を考える場合、自分の好みに合った容姿も大切な要素のひとつです。

・期待していた顔と異なっていた
・1回目のデートでは緊張してお互いの顔をじっくり見ることができなかった
・2回目のデートでは明るい場所で顔を見る機会があった
・プロフィール写真の印象が強くてそのイメージに惑わされた

2回目のデートでは1回目よりも長い時間を過ごすことが多いため、上記のような理由で「なんか違う」と感じてしまうことがあります。

明るい昼間にデートをしてゆっくりと顔を見る機会があると、初回の印象とは異なる印象を受けることがあります。

また、過度に加工されたプロフィール写真を使用していると、2回目のデートでもその違いが理由となってしまうこともあります。

自分自身のメイクや健康管理に取り組んで、次の出会いで自信を持って迎えることが大切です。

原因3:個性的な服装

1回目のデートでは、無難なファッションを選んでいたかもしれません。しかし2回目にあまりにも個性的なファッションをしていくと、相手は引いてしまうことがあります

まだお互いの内面を知る前の段階で、ファッションがあなたの個性を強く表現してしまいます。

1回目と2回目では、清潔感やシンプルさを重視した服装を選ぶことがポイントです。

また、あまりにもオシャレすぎると「自分とは合わない」と感じて身を引いてしまうこともあるので、慎重にゆっくりとお互いの関係を深めていくようにしましょう。

原因4:馴れ馴れしい態度

2回目のデートでもまだ会ってからの時間はほんの数時間しか経っていませんよね。

メッセージのやり取りはあったかもしれませんが、実際に会った時間はごくわずかだということを理解しましょう

1回目のデートで意気投合し、初めて会ったと思えないような感覚になることもまれにありますが、まだまだ礼儀を重んじるべき時期です。

「2回目なのに、馴れ馴れしいね!」と相手からわざわざ言ってくることはないとは思いますが、心の中では「失礼な人だな」と思っているかもしれません。

相手の個性にもよりますが、礼儀正しく大人らしい振る舞いができることが相手にとって魅力的に映るものです。相手の距離感に合わせることができると良いでしょう。

原因5:好ましくない態度

以下のような態度を取ると、相手にとって「また会いたい相手」とはなりにくいでしょう。

・頻繁にスマホをいじる
・目を合わせない
・つまらなそうな態度をする/笑顔がない

誰しも「楽しかった」「良い時間だった」と感じる相手との出会いを求めています。

スマホに気を取られる気持ちは理解できますが、実際に会っている時は、目の前の人との時間を楽しむことを心がけましょう。

マッチングアプリで2回目のデート後フェードアウトされた後にすること

フェードアウトされた後に大切なことは、以下の2つです。

自己反省をする

フェードアウトされた理由を明確には知らないかもしれませんが、自分自身の行動や態度を振り返り、改善点を見つけましょう。過去のデートやコミュニケーションについて反省し、次回に活かすための学びを得ることが重要です。

新たな出会いを模索する

フェードアウトされた一人の相手に固執するのではなく、他の女性との出会いを探すことも大切です。複数のマッチングアプリに登録し、幅広い人とコミュニケーションを取りましょう。複数の出会いの機会を増やすことで、理想のパートナーに出会う可能性が高まります。

以上の方法を実践することで、フェードアウトから立ち直り、新たな恋愛の可能性を追求することができます。

フェードアウト後の再アプローチについて


フェードアウトされた後に避けるべきことは「催促的な連絡」です

相手から返事がなかったり、連絡が途絶えた場合に「おーい、どうしたのー」といったような連絡は避けましょう。

しつこく追いかけるような態度は好まれません。

もし数日間連絡が返ってこないようであれば、フェードアウトされたと判断し、以降の連絡を控えることが大切です。

また、進展の見込みが薄い相手に時間を費やすのは無駄です。


マッチングアプリでフェードアウトされた後に再びアプローチするためには、適度な期間を置いてからメッセージやLINEを送ることが重要です。

期間を空けることで、相手の女性の気持ちが変わっている可能性もあるからです。一度フェードアウトされたとしても、時間が経つことで新たな興味や好意が芽生えることもあります。

ただし、期間を置いた後のアプローチには注意が必要です。相手の女性が忘れかけているかもしれないので、初めから親密なトピックや深い関係を求めるのではなく、軽い会話や興味を引く話題から再スタートすると良いでしょう。

また、相手が再び関心を持つかどうかは個人の好みや状況によって異なるため、必ずしも成功するとは限りません。しかし、適切なタイミングとアプローチ方法を選ぶことで、新たなチャンスを生み出すことができるかもしれません。

マッチングアプリの2回目のデート後にフェードアウトしたい場合


マッチングアプリの2回目のデート後にフェードアウトしたい場合は、自然な流れでフェードアウトしても問題ありません。

マッチングアプリではフェードアウトが一般的な傾向です。デート後でもフェードアウトすることはあまり気にする必要はありません。

ただし、「会った後にフェードアウトするのは失礼だし、罪悪感がある」と感じる場合は、きちんと断ることもひとつの方法です。

相手に対して丁寧に断りのメッセージを送ることで、お互いの関係を明確にし、気持ちを伝えることができます。

最終的には、自分自身が快適に感じる方法を選ぶことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました