マッチングアプリでのフェードアウト3つの予兆

マッチングアプリ攻略

マッチングアプリを利用している40代以上の方にとって、相手からのフェードアウトが起こるとその理由を知りたいと感じることがありますよね。この記事は「マッチングアプリでフェードアウトが始まる予兆3つ」と「会った後にフェードアウトする4つの心理」です。最後までお付き合いください。

マッチングアプリでフェードアウトが始まる3つの予兆

まずはフェードアウトしようかな…と思い始める予兆から。

1. 相手からの連絡がない・頻度が低くなる

40代以上の方にとって相手からの連絡が途絶えるか、連絡頻度が極端に低くなることはフェードアウトの予兆と考えられます。返信はあるものの、相手からの積極的なアプローチが見られない場合、相手が興味を失っている可能性があります。

2. 返信が極端に遅い・淡白な返信

特に、デート前には即座に返信があったにもかかわらず後になるにつれて返信が極端に遅くなったり、淡白な内容が続く場合、相手が冷めている可能性が高いです。これが継続的に続く場合は、相手がフェードアウトを考えている可能性があります。

3. 次に会う約束が曖昧になる

デート後も続くメッセージのやり取りで次のデートの日程がなかなか決まらない場合、相手がフェードアウトを考えている可能性があります。特に相手が気に入っている場合であれば都合をつけてでも会いたいと思うはずです。曖昧な回答が続く場合は警戒が必要です。

会った後にフェードアウトする4つの心理

実際に会ってみてフェードアウトしていくプロセスとはどのような心理が働いているのでしょうか。その時、相手はちょっとした違和感を感じています。

1. 会ったらイメージと違った

マッチングアプリでのやり取りでは良かったと思っても実際に会ってみて第一印象が合わなかった場合、フェードアウトする気持ちがめばえてくる可能性が考えられます。対人関係においては第一印象が重要であるため、その印象が悪かった場合、相手は続ける意欲を失うことがあります。

2. ヤリ目で会ったから

男性が身体の関係を求めて会った場合、その目的が達成できなかったり、難しそうだと判断した場合、フェードアウトすることがあります。男性にはヤリ目を目的としたマッチングアプリの利用者は存在しています。この可能性も頭に置いておくべきです。

当然ながら女性側も相手の男性がヤリ目の人だな…と感じるとフェードアウトしていきます。

3. 相性が悪かった

実際に会話が盛り上がらず、価値観が合わなかった場合、男性は相性が悪いと感じてフェードアウトすることがあります。女性側も、受け身で会話が弾まない場合は改善が必要です。

4. 他に良い人が見つかった

マッチングアプリでは同時進行で複数の相手とやり取りすることが一般的です。男女とも他の相手とのやり取りで好感触を得た場合、フェードアウトする可能性があります。

まとめ

マッチングアプリでフェードアウトが始まる予兆をまとめると。

  • 相手からの連絡が途絶えたり頻度が低くなる
  • 返信が極端に遅いか淡白な場合
  • 会う約束が曖昧になる場合は注意が必要

実際に会った後にフェードアウトする理由もいくつか挙げられます。

  • 会った際に期待と異なる印象を受けた場合
  • ヤリ目の男性が目的が達成できなかった場合
  • 相性が悪かったり、他に良い人が見つかった場合

このような場合にマッチングアプリでの交流が終わる理由となります。

マッチングアプリを通じたコミュニケーションやデートは予測不可能であり、相手の心理や意図を完全に理解することは難しいものです。フェードアウトが起きた場合でも、適切な対応や気持ちの整理が重要です。

出会うなら、イククル

タイトルとURLをコピーしました