マッチングアプリで女性が当日ドタキャンする理由

マッチングアプリ攻略

40代の男性がマッチングアプリを利用する際、デート当日にドタキャンされる経験は誰しも一度はあるかもしれません。実際、マッチングアプリを利用する男性のうち、3人に1人がドタキャンを経験していると言われています。

なぜ女性がデート当日にドタキャンするのか、その理由を理解することで、対策を講じることができます。この記事では女性がドタキャンする理由と、それを防ぐ方法について解説しています。

マッチングアプリで女性が当日ドタキャンする理由

1. 会うことが面倒になった

仕事やプライベートが忙しいタイミングでデートに行くことが、女性にとって面倒に感じられることがあります。これは、予定が詰まっている時期や疲れている時に顕著です。また、デートの計画や移動などにかかる手間も、面倒に感じさせる要因となります

さらに、他に気になる男性がいる場合、その相手とのデートがより魅力的に感じられ、相手とのデートを優先させることもあります。そのため、当初は興味を持っていたかもしれないが、他の選択肢が出てきたことで、会うことが面倒に感じられてしまうことが考えられます。

この理由に対処するためには、デートの提案を柔軟に調整できる姿勢を示すとともに、相手のスケジュールや気分を尊重することが重要です。相手がリラックスしてデートに臨むことができるような提案やアプローチを心がけましょう。

2. 体調不良

デート当日に「体調不良」が理由でドタキャンされることもあります。女性が体調不良になる原因はさまざまで、風邪や生理痛、体調不良などが挙げられます。以下に、この理由に関する詳細な内容を紹介します。


風邪や生理痛などの健康問題

女性が突然の体調不良でデートをキャンセルする場合、それは風邪や生理痛などの健康上の問題が影響している可能性があります。これらの状態は予測が難しく、前もって対処することが難しいため、急なドタキャンとなることがあります。

急な体調不良に対処する方法

  • 理解と共感を示す: 相手が体調不良であることに理解と共感を示しましょう。適切な対応を心掛け、無理にデートを強要しないようにしましょう。
  • リスケジュールの提案: 体調が良くなったらデートを再度計画できるよう、柔軟なリスケジュールの提案を行います。相手が安心して回復できる時間を与えることが重要です。
  • お見舞いの提案: 相手が遠くに住んでいない場合、お見舞いを提案することも一つの方法です。ただし、相手がそれを望んでいるかどうかを確認しましょう。

体調不良の場合は、理解と共感をもって対処することが、良好なコミュニケーションを維持する鍵となります。

3. 会うのが不安になった

マッチングアプリを通じて知り合った相手とのデートに対して、女性が急に不安を感じてしまいドタキャンすることがあります。この理由にはさまざまな要因が絡んでいます。以下に、この理由についての詳細な内容を述べてみましょう。


デートに対する不安の要因

  1. 初対面の緊張: マッチングアプリで知り合った相手と初対面で会うことは、緊張感を生むことがあります。相手との相性やコミュニケーションの不安がデート当日になると強く感じられ、これがドタキャンの理由になります。
  2. 安全面への不安: インターネット上での出会いには安全面への懸念がつきものです。実際に会ってみる前に、女性は相手の安全性や信頼性に疑問を抱くことがあり、これが不安の原因になります。
  3. 過去の経験によるトラウマ: 過去に不快な経験をしたことがある場合、それがトラウマとなり、新たなデートに対する不安を引き起こすことがあります。

不安に対処する方法

  • オンラインコミュニケーションを強化: 初対面の緊張を和らげるために、デート前にオンラインでのコミュニケーションを強化することが有益です。メッセージや電話を通じてお互いをより深く理解する努力を重ねましょう。
  • 安全面に対する配慮: 相手に対する信頼感を高めるために、事前に公共の場でのデートや友達同士での参加など、安全性に焦点を当てた提案を行います。
  • 過去の経験に理解と共感: 過去のトラウマが原因である場合、相手の過去の経験に理解と共感を示し、リラックスしてデートに臨めるような環境を提供します。

デートが不安に感じられる場合、お互いに理解し合い、ゆっくりと信頼を築いていくことが重要です。相手の感情に敏感で、互いに配慮しあうことで、デートへの不安を軽減させることができます。

4. 急な用事ができた

デート当日に急な用事が発生し、女性がドタキャンをすることがあります。急な用事は事前に予測できないものが多く、相手にとっても理解しにくいケースがあります。以下に、この理由に関する詳細な内容を紹介します。


急な用事の可能性と対処法

  1. 仕事や家庭のトラブル: 急な仕事のトラブルや家庭の問題など、女性がコントロールできない状況が発生した場合、デートに参加できなくなることがあります。
  2. 前もって連絡が難しいケース: 用事が急な場合、前もって相手に連絡することが難しいことがあります。このため、ドタキャンの通知が突然になることがあります。

対処法:

  • 急な用事に理解を示し、相手の安全と健康を最優先に考えましょう。
  • できるだけ早くリスケジュールの提案を行い、相手が再びデートに参加しやすい状態を作りましょう。

5. 金欠で行けなくなった

経済的な理由により、女性がデートに参加できなくなることがあります。特に初対面の相手とのデートには、出費が予測しにくいこともあって、金銭的な制約が発生しやすいです。


金欠の理由と対処法

  1. 急な経済的な問題: 仕事や生活の変化に伴って急な支出が発生し、その結果デートに参加できなくなることがあります。
  2. 初対面のデートへの不安: 経済的な負担が気になり、それがデートに対する心理的なストレスとなり、ドタキャンの理由になることがあります。

対処法:

  • 金銭的な問題に理解を示し、相手にプレッシャーをかけないよう心がけましょう。
  • デートの計画を柔軟に変更し、相手が経済的に余裕を持ってデートに参加できるように工夫しましょう。

6. やり取りを続けるうちに会いたくなくなった

初めは興味があったものの、やり取りを進めるうちに相手に対する興味が薄れ、最終的にはドタキャンすることがあります。


興味の喪失と対処法

  1. 価値観や興味のズレ: やり取りを通じて相手との価値観や興味が合わないことが明らかになり、デートに対する意欲が低下することがあります。
  2. 他に気になる異性が現れた場合: マッチングアプリでは同時に複数のやり取りが行われることが一般的であり、他の異性に興味が移ることがあります。

対処法:

  • やり取りを通じてお互いの価値観や興味を早い段階で確認し、デート前にお互いの相性を理解しましょう。
  • デートに向けてお互いの期待値を明確にし、不安や疑念が生じないように努めましょう。

女性からの返信がこない理由はこちらの記事から

マッチングアプリの女性の当日ドタキャンを防ぐ方法

デート当日に女性がドタキャンするリスクを最小限に抑えるために、以下の方法を実践することが重要です。

マッチングアプリでドタキャンする人の予兆と対策はこちらから!


1. 忙しくないタイミングでデートに誘う

女性が忙しい状況ではデートに前向きになりにくいため、デートの日程を合わせる際には相手のスケジュールに注意しましょう。

対処法:

  • デートの提案は相手がリラックスして参加できるタイミングを選ぶ。
  • 相手のスケジュールに配慮して、忙しい時期や予定が詰まっている日にデートを誘わないよう心がける。

2. お互いをある程度知ってから会う

デートに誘う前にお互いを十分に知ることは、相手がドタキャンする可能性を低減させます。

対処法:

  • マッチングアプリでのメッセージややり取りを通じて、相手の趣味、価値観、興味を探りながら親密度を高める。
  • 初対面の緊張を和らげるため、デート前に電話をするなどコミュニケーションを深める。

3. 頻繁にやり取りをする

デート当日に向けて相手とのやり取りを頻繁に行うことは、お互いの期待を確認しやすくし、ドタキャンのリスクを低減させます。

対処法:

  • メッセージのやり取りを進め、お互いの興味やデートに対する期待を共有する。
  • デート当日までに十分なコミュニケーションをとり、相手の気持ちや都合を把握する。

4. 会う前に電話をしておく

デート前に電話をすることで、お互いの声を聞きながら不安を解消し、相手の気持ちを確認しやすくなります。

対処法:

  • デートの前に電話を提案し、お互いの声を聞きながらリアルなコミュニケーションをとる。
  • 電話を通じてデート当日の確認や相手の様子を把握する。

5. デートのハードルを上げすぎない

デートの内容や場所を選ぶ際には、相手が気軽に参加できるプランを提案しましょう。ハードルが高すぎるとドタキャンの可能性が上がります。

対処法:

  • カジュアルで気軽な場所やアクティビティを提案し、相手が参加しやすい環境を作る。
  • 相手の好みや興味に合わせてデートのプランを考える。

6. デートまでの期間を空けすぎない

デートまでの期間が長すぎると相手の興味が薄れる可能性があります。適切なタイミングでデートを提案しましょう。

対処法:

  • デートに誘うタイミングを逃さず、相手の興味を保ちつつ実際の対面を目指す。
  • マッチング後、1~2週間以内に実際のデートを計画する。

7. プロフィールで見極める

相手のプロフィールを注意深く見ることで、デート当日のドタキャンの可能性をある程度予測できます。

対処法:

  • プロフィールが十分に埋まっているか確認し、相手の出会いに対する真剣度を判断する。
  • デートに向けてのやり取りや質問を通じて相手の意向や状態を理解する。

マッチングアプリの女性の当日ドタキャンに対処する方法

デート当日に女性からのドタキャンが発生した場合、冷静かつ適切な対処が必要です。以下はその対処法です。


1度はリスケしてみる

もしもドタキャンが発生した場合、まずは相手の事情を理解し、1度はデートを延期することを検討しましょう。

対処法:

  • 冷静になり、相手に理由を尋ねる。
  • 相手の事情や都合を理解し、デートを1度延期してみる提案をする。
  • しばらくしてから再度デートの調整を試みる。

潔く諦める

もし相手からの説明が不十分であったり、連絡が取れなくなった場合は、潔く諦めることも一つの選択です。

対処法:

  • 相手からの連絡がなく、理由が不明瞭であれば、一旦相手にスペースを与える。
  • 強引に連絡を続けず、相手の意思を尊重し、新たな出会いにフォーカスする。
  • マッチングアプリで他の興味深い相手を見つけ、前向きに活動する。

デート当日のドタキャンは不快な経験ではありますが、冷静で適切な対処を心がけることで、より良い出会いに繋げることができます。相手の事情を理解し、柔軟なコミュニケーションを心がけることが重要です。

40代以上おススメのマッチングアプリはこちらの記事

タイトルとURLをコピーしました